ランニングで腰痛を対策する会 » 頚椎ヘルニアと交通事故

頚椎ヘルニアと交通事故

頚椎の椎間板においてヘルニアを起こしてしまうのが頚椎ヘルニアです。頚椎ヘルニアを患ってしまうと肩コリや首の痛み、上半身にだるさや重さを感じることや、腕から手・指先にかけて痛みやしびれの症状が出ることが多くなっています。

この頚椎ヘルニアは高齢者に多く、その原因として頚椎の椎間板が老化によって荷重を支えられなくなることが挙げられます。

老化により椎間板が変性することで、それまでに耐えることが出来ていたような負担も相対的に大きくなってしまうのです。

また、例え高齢者ではなくても椎間板が耐えられない荷重に匹敵する力が加わることで、頚椎ヘルニアを発症してしまう可能性が十分にあります。

交通事故による衝撃などが考えられる要因です。交通事故でも特に自動車での追突事故は非常に頚椎ヘルニアを発症するリスクが大きくなっています。

追突する方ももちろんですが、追突される側は身構える間もなく一気に衝撃を受けてしまうので、一層危険性が高いと言えるでしょう。

予期せぬ追突により頚椎にかかる衝撃というものはかなりの大きさなのです。しかし、交通事故となると好きで遭う方はいませんし予防といっても中々難しいというのが現状ですよね。

出来ることといえばシートベルトやエアバッグ、ヘッドレストを適切に使用するといったことくらいでしょうか。また、交通事故による頚椎ヘルニアで多いパターンが、元々軽度の状態の頚椎ヘルニアを持っていた方が、事故の衝撃により症状が悪化してしまうというものです。

実は頚椎ヘルニアという状態自体は意外と抱えている方が多くなっていて、その状態が軽度であれば自覚症状も発生しない程度で日常生活においては全く問題とならないのです。

しかし、事故がきっかけで自覚症状が発生してしまうことがあるのです。とにかく事故というものには出来る限り遭わないように出来るのが最善ですよね。

カーセブンが車の高額買取ができる理由