ランニングで腰痛を対策する会 » ブロック注射とぎっくり腰

ブロック注射とぎっくり腰

ぎっくり腰になると、なかなか特効薬が見つからない状態になるのが常です。またペインクリニックではブロック注射を用いるところが多く、腰への副作用もなく安全な方法であると言われて安心して受ける患者さんも少なくありません。

しかし、腰への行う場合は痛みが大きいことがありますので、注射の痛みがいやだという方は要注意です。ブロック注射にはぎっくり腰の嫌な痛みを抑える効果や、頚椎椎間板ヘルニアの頭痛を抑える効果などがあります。

また炎症が起こっている状態で血行を高め、炎症をかなり早い段階で解消する効果があるとも言われていますが、そのような症例数が多いというだけで、正式に医学界で認められているわけではありません。

整形外科でもブロック注射は多く用いられるようになりましたが、一時的な痛み止めの効果を狙うものであって、完全な治癒の方向性を見出すことは不可能だ、という姿勢で用いられるのが常です。

炎症を抑える効果があり、またアイシングで安静を保つよりはかなり即効性が高い治療法です。しかし炎症だけが起こっているとは限りません。そのような状態の時には、一時しのぎと考えて間違いないと思います。

例えば下腹部にしびれを伴っているという場合は、骨の歪みが原因となって徐々に神経圧迫の症状が出ていることが考えられます。

レントゲンを受けることも大切ですし、症状を抑えることに平行してその疾患の治療をしなければなりません。この場合ブロック注射が無効である場合もあります。

腹筋や背筋などの筋肉が衰えていることでぎっくり腰になることもあります。この場合もブロック注射をして炎症を抑えることは有効ですが、ストレッチやエクササイズなどができるだけやりやすいような治療をすることも大切です。

そうしないと、すぐにまたぎっくり腰の痛みはやってきてしまうのです。ブロック注射は日常生活に支障をきたしてしまうような痛みに対しての効果はあっても、治癒のためには他の方法を併用することが大切だ、という意識を持つことが勧められます。

腰椎分離症の正しい治療方法をご紹介しています