ランニングで腰痛を対策する会 » 五十肩と四十肩

四十肩・五十肩

五十肩と四十肩

五十肩は肩の痛みや運動制限をもたらす病気ですが、四十肩とも呼ばれます。昔は40歳で発症するケースが多かったためと言われています。

では今は50代でしか発症しないのかと言えば、40代でも発症しますが、徐々に50代の方の発症が増加してきた、という事実があります。40代に多くかかる時代から50代で多くかかる時代に変化したのは、40代の方はまだ若さが残っている証拠であると考えることができます。

またそれより若くて五十肩と言われればかなりショックを受けることは間違いありませんが、実際に30代でも同じ症状が起こることはあります。老化現象としては早すぎる、というのが正直な気持ちですが、体力を考えると納得がいかない、という方も多いようです。

しかし、体力があっても肩の硬さが人並み以上に進行してしまっている例は多くあります。仕事が影響する場合がほとんどですが、例えばパソコンでのデスクワークや立ち仕事、同じ肩の動きを多用する場合で、かつ肩の動作する範囲が限定されていて狭い場合も同様です。

また、五十肩の症状が強いかどうかは、ある程度1人でも確認することができます。まず両手を背中に回して、片方は上から、また片方は下からリーチし、両手をつなぐことができるかどうか、ですが、手がまったく届かない、また肩まわりがヒーヒー言いそうだ、などという場合は危険信号がかなり赤い状態と言えます。

またより簡単な方法として、頭の後ろで手を繋いだり、両手を脇のほうから徐々に上に上げる、などの動作でも違和感が強い、なかなか肩が動かない、という場合も同様に危険が迫っていることを意味します。

また筋肉の動きが左右アンバランスである場合は、バランスがより悪いほうが五十肩の危険は高いと言えます。

この他にも、首の凝りや肩の凝り、背中のつっ張り、猫背などが目立つ場合も、五十肩の予備軍として立派に通用します。自覚症状などなくても、筋肉は常に柔軟にして、肩甲骨もできるだけ広く動かすのが理想です。