ランニングで腰痛を対策する会 » 腰部脊柱管狭窄症とレントゲン

腰部脊柱管狭窄症とレントゲン

腰部脊柱管狭窄症の症状が出ている、と考えられる場合はできるだけ早めに整形外科を受診することが大切です。また、多くの方は一般的な医者よりも、腰部脊柱管狭窄症の名医に診てもらいと思う人が多いことでしょう。

病院では腰部脊柱管狭窄症の症状を総合的に診るために、まず足の痛みやしびれなどの感覚の異常をはじめ、歩くことができる距離、腰部脊柱管狭窄症の症状が出現する条件などを問診をします。

また、腰や足の触診や、筋力の測定などを経て、レントゲン撮影が行われます。レントゲン、つまりX線には2種類の方法があります。

1つは造影x線と呼ばれる方法で、造影剤を飲み込んでから撮影することで、より患部を鮮明に撮影できます。また造影x線は主に胃腸などのx線が容易に通過してしまう部位を撮影するために用いられます。もう1つは単純x線、つまり造影の必要がないタイプです。

腰部脊柱管狭窄症については、脊柱管の中身である神経組織まで見るためには、造影剤も必要、ということになりますが、骨のズレなどを見るのであれば単純x線撮影が妥当です。

また、実際には造影剤を使用した方法でも、腰部脊柱管狭窄症を確定するには至らないといわれています。つまり、レントゲンは腰部脊柱管狭窄症の傾向、発症の可能性を見て他の診断方法を決定するために使用されることがほとんどです。

またx線は放射能被爆が多少ありますので、そのことを気にする患者さんも多くいらっしゃいますが、最近では技師の努力により、被爆量は非常に少なくなっています。例えば喫煙による健康被害よりも軽度である場合がほとんどのようです。

レントゲンの他に用いられるものとしては、CTやMRIなどがあります。特にMRIは背中を横の方向から見た状態や、輪切りにしたような正確な情報も見ることができ、腰部脊柱管狭窄症の脊髄神経の圧迫も一目瞭然であると言われています。

この他、筋電図やミエログラフイーという造影撮影をする場合もありますが、主には椎間板ヘルニアも疑われるケースが考えられます。

これらの画像検査の他にも、まだ検査をする場合もありますので、やはり辛抱強く受けるのが患者の務めです。