ランニングで腰痛を対策する会 » 変形性膝関節症のリハビリ

変形性膝関節症のリハビリ

変形性膝関節症は老化と共になりやすくなる病気の一つで、歩くたびに痛みが出て移動が困難になってしまう病気です。

変形性膝関節症は進行すると痛みがどんどんひどくなってしまうので、初期症状のうちやまだ変形性膝関節症が発症していないうちに治療や予防を行うことが非常に重要です。

変形性膝関節症は症状が進んでいないうちは保存療法と呼ばれる治療を行うことで回復していきます。保存療法と一口に言っても様々な治療法がありますが、その一つの理学療法は治療だけでなく予防法としても活躍する治療法です。

理学療法とは、要するに変形性膝関節症のリハビリのことで、少しずつ身体を動かしたりすることによって筋力を上昇させると共に体の調子を整えていきます。

筋力が少ないと体を動かすときに掛かる負荷は骨や関節部に直接伝わることになります。当然膝や脚に掛かる負担もその分大きくなるので、脚を鍛えることによって膝や脚の骨を支えている筋肉を育て上げ、膝や脚に掛かる負担を最小限に留めることができるようにしていきます。

理学療法には器具を使う本格的なものから自宅でも簡単に出来るものまであります。例えばお風呂などで痛む関節を温めて筋肉をほぐした後ゆっくりと曲げ伸ばしをしていきます。

膝が痛んでいるとなるべく動かさないようにする分筋肉が硬くなって衝撃を吸収できなくなっているので、こうして筋肉をほぐしていくことは膝を守るためにもとっても重要なことです。

膝の筋肉を鍛える際は特に大腿四頭筋を鍛えると良いとされています。トレーニング法も多種多様で一概にどれが良いとはいえませんがどのトレーニングを行うにしても無理だけは禁物です。

過度なトレーニングは身体を鍛えることが出来てもその分多くの負荷が掛かり、逆に症状の悪化を引き起こすこともありえます。早く治したいとお思いでしょうがリハビリはゆっくりと確実に行うようにしましょう。

変形性膝関節症の正しいリハビリ方法をお伝えしています