ランニングで腰痛を対策する会 » 腰椎分離症のリハビリについて

腰椎分離症のリハビリについて

腰椎分離症はそのものの症状にはこれといった特徴が無く、発症していてもそのことに気が付かずに発見がよく遅れることで知られています。

腰椎分離症の原因となる椎骨の骨折が起きた段階で治療すれば短期間で治す事が出来るので、腰に痛みが出た時はなるべく早く病院で検査してもらいましょう。

腰椎分離症になった時の治療やリハビリは主に保存療法によって行われます。保存療法は運動療法や固定療法など複数の治療法を平行して行うことで筋力をアップさせたり自己代謝機能を活発化させることで怪我や病気を自然に治療していく治療法です。

腰椎分離症など脊椎周辺の手術は大掛かりで身体に負担が掛かるものが多いので出来る限り保存療法による治療が推奨されています。腰椎分離症の治療は発症してから日が浅い場合は固定療法による治療がメインになります。

コルセットを装着して骨が元通りになるまでなるべくおとなしくしていれば2~3週間ほどで骨が繋がるので、それ以降は運動療法で筋力をアップさせていきます。

保存療法で行われる運動は比較的軽いものが中心で、ウォーキングや体操、ストレッチなどを毎日少しずつ行うことで少しずつ身体を鍛えていきます。

腰椎分離症の場合は骨に掛かる負荷を周りの筋肉で分散させるので特に腹筋や背筋を鍛えると効果的とされています。

ほかにも保存療法には様々な治療法があるので医師や理学療法士といった専門家としっかり相談して自分にあった治療法で腰椎分離症を治療していきましょう。

腰椎分離症はそれ単体で困ることは少ないですが、悪化すると大変厄介な病気を引き起こします。

はじめに出る腰や背中の痛みが一番分かりやすい体に出る症状なので、こうした身体のサインを見逃さないようにしておくことが腰椎分離症の悪化を防ぐためには必要です。身体から出るサインはしっかりと確認して健康的な生活を送っていきましょう。