ランニングで腰痛を対策する会 » 腰椎椎間板ヘルニアの最小侵襲手術法

腰椎椎間板ヘルニアの最小侵襲手術法

腰椎椎間板ヘルニアになると、まず外来として通院を続けながら、薬物やブロック注射などの保存療法をします。

多くの患者さんは、腰椎椎間板ヘルニアの治療段階で改善が見られ、ヘルニアも消失してしまうといわれていますが、三ヶ月程度続行させても、腰椎椎間板ヘルニアの症状が軽快せず、生活にもかなりの支障をきたすようになると、ほとんどは手術が必要と判断されます。

従来の腰椎椎間板ヘルニアの手術法は、背中から切開をし、背中の筋肉を切ってから摘出する方法でしたが、現在では、多くの方が皮膚に痕を残したくない、手術による負担を軽減させたいと思うようになったことで、より侵襲性の低い術式を用いるところが徐々に多くなってきています。

体への負担が少なければ、より早期の社会復帰も可能ですので、働き盛りの方にとっては非常に重要な選択にもなります。主なものは、顕微鏡下での摘出手術や、内視鏡下経皮的レーザー椎間板減圧術です。

顕微鏡下摘出術では、皮膚切開は1センチ程度で、手術用の特殊な顕微鏡を用いて摘出します。

背筋を切開することはなく、逆に背筋を押し広げて腰椎へと到達します。術後は2、3針程度縫いますが、出血量はほとんどなく、2,3日の安静後歩行リハビリが可能です。また退院も早期です。

内視鏡下経皮的レーザーは、全身ではなく局所麻酔をしてから内視鏡を挿入し、椎間板内に特殊なレーザーを照射します。レーザーの照射とは、高温度のレーザーによって組織を焼いてしまう方法ですが、このことで椎間板の内圧が低下し、突出していたヘルニアは内部に戻ります。

出血はまったくなく、術後2、3時間安静にするだけで、すぐに開放されます。レーザーは先進医療のため、保険適用ができません。このことからより早期に施術して完治させてしまいたいという方に最も有効と考えられます。

これらのうち、術後成績が高いのは顕微鏡下摘出術のほうです。また、内視鏡下経皮的レーザーは症状がある程度進んでしまった、腰椎椎間板ヘルニアには効果がありません。