ランニングで腰痛を対策する会 » 費用と一戸建て

費用と一戸建て

マンションのリノベーションと、一戸建てリノベーションとの違いといえば、やはり費用については一戸建てのほうが高くなります。

また20年以上経過している一戸建て物件の中には、見た目は綺麗でも壁の中はカビだらけ、土台がやや腐っていたり、柱も弱くなり、スカスカの状態、というものが多くあるため、費用を考えるとキリが無い、つまり新築に近いものになってしまうため諦める、という場合は多いようです。

一戸建てリノベーションをする際に注意したいのはこのように元になる躯体などの構造の欠陥が既にないかどうかです。購入してしまってからでは遅いため、事前にプロの鑑定を受け、費用を概算しておくのが理想と言えます。

また一戸建てリノベーションの費用を考える場合、まずはどこまで解体を進めるのかが大きなポイントになります。例えばサッシを入れ替えるという場合は、リフォーム用サッシを単に入れ替えるのでない限り、壁も解体して大幅に入れ替えるのが常です。

またサッシは同じものという場合でも、壁を解体して間取り変更する場合もあります。システムキッチンをまるごと取り替える場合は、位置を変えない場合は安く、またそれ以外の場合は給配水管も取り替えますから倍以上の費用がかかります。

ダイニングキッチン、対面式の場合は100万円以上は見積もる必要がありますし、床も内装として変えなければなりません。その他、最新式のユニットバスでも100万円以上はかかります。

物件に欠陥が無いことがわかったら、まずは一段落です。その後は希望の設備と費用とのバランスを考えてじっくりとプランニングしていくことになります。リノベーションの目的は、新築同様の住みやすさを得ること、と言えます。

費用はできるだけわかりやすく、内容も手に取るように明確で、工事は早く、既に住んでいるのであれば住みながらの工事に越したことはありません。その他、健康に配慮した建材を使用することも大切です。