ランニングで腰痛を対策する会 » 接骨院でぎっくり腰を治す

接骨院でぎっくり腰を治す

ぎっくり腰、あるいは急性腰痛は、ほとんど全身を動かせなくなるような強い痛みが伴います。背骨、または臀部などにも痛みを感じます。

ぎっくり腰の原因は、重い荷物を繰り返し持つような労働、猫背などの姿勢の悪化などがあります。腰をそらしたり捻ることもできず、寝返りも打てません。

仙腸関節、あるいは腰椎の損傷が起こっている場合が多く、運動不足によって筋力が劣ってきたり、重労働による筋肉疲労、デスクワークによる姿勢の悪化などには特に要注意です。

発症したばかりのときはとくに痛みますが、できるだけアイシングをして、安静を維持することが大切です。

またできるだけ早期に治療を受けるために、すぐに治療院にかかり、適切なアドバイスを受けることも大切です。放置してしまうとすぐに慢性化に移行します。

ぎっくり腰は特に炎症が強い状態ですが、よりひどい場合には骨盤にズレが起こっていることも考えられます。また症状として腰が抜けてしまって骨がもとに戻らないような感覚にもなります。

このような場合は横になる動作もなかなか辛いものがありますので、腰をできるだけ固定することが大切です。

腰がずっと痛むと、どうしても焦る気持ちになります。このことはある程度はしょうがありませんが、できるだけ楽な姿勢を取ることができるように、固定はとても大切です。

もちろん痛みのピークは発症直後ですので、日を乗り越えるごとに前日よりはよくなった、と幾分安心感を得ることもできます。最初に動く時には四つんばいになってはって移動していた、などと笑い話にもなります。

この後はとにかく腰をムダに動かさないようにし、痛みが取れたら早速リハビリをすることが大切です。

接骨院に行く場合は問診を受けますので、できるだけ痛みの症状を覚えて置くようにすると楽に治療を開始することができます。

もちろん急な痛みですからその状況も明確だと思いますが、慣れない痛みのためにまったく思い出せない、などというケースもあります。