ランニングで腰痛を対策する会 » 外壁塗装と岐阜県

リフォーム

外壁塗装と岐阜県

岐阜県は、飛騨地方と美濃地方の一部については日本海側気候で、また美濃地方の大部分は太平洋側気候となってます。

その他にも、飛騨地方と美濃地方の一部は中央高地式気候となり、標高差も大きく、同じ県内でもかなり気候差が大きい場所です。県内の一部の地域は豪雪、または特別豪雪地帯で、年に数回は大雪に見舞われるところです。

また冬と夏の気温差も激しく、美濃地方は低い山に囲まれ、東濃の多治見市では、国内最高気温を記録することもしばしばです。このような気候条件が悪い土地のため、外壁塗装などのメンテナンスは欠かせない行事です。

外壁塗装をする場合に大切なのが、業者の信頼性です。一度塗ってみたのはいいけれども、その後すぐに塗料が剥がれたり、錆びてきてしまったのでは大変です。

豪雪地帯でも現代風の住宅が増えていますが、他の場所よりも外壁に与える自然の影響が大きいため、外壁塗装の費用もバカになりません。

県内でも、技術、そして地元での多くのカスタマーとのつながりを大切にする業者は、決して少なくはありません。

職人さんとは、熟練した技術を持ち、手作業でものづくりをすることにプライドを持っている業者を言います。依頼を受けてから丸投げをせず、営業職も持たない業者にも、すぐれた職人はたくさんいます。

悪徳リフォームや粗悪な工事をする業者、また極端に価格の安い外壁塗装をする業者は、あまりお勧めできません。

またこの土地では美濃焼が有名ですが、この美濃焼を利用した外壁材である、カルセラレンガを使用している住宅は多くあります。

カルセラレンガは、とても軽量で、耐久性も高い外壁材と言われ、また建物自体への負担も軽くて済みます。特に地震の際には、崩れた際の不安は大きいものですが、軽量のため不安の解消にも役立ちます。

またメンテナンス性も優れています。美濃焼の千三百年の歴史から生まれた新しいレンガ風のセラミックレンガ、カルセラレンガを使用すれば、外壁塗装もかなりコストを削減できます。