ランニングで腰痛を対策する会 » 五十肩とは

四十肩・五十肩

五十肩とは

肩凝りがひどくなると、よく肩が痛むことがあります。またこのとき、痛みが大きいせいか、五十肩とは肩凝りがひどくなるものではないか、と思ってしまう方がいらっしゃいますが、この2つは全く違うものです。

肩凝りは、首の付け根の筋肉に疲労が溜まることが原因ですが、五十肩は肩関節の周囲の炎症、いわゆる肩関節周囲炎が原因となっておこる疾患です。

では肩関節の炎症はなぜ起こるのかといえば、上腕骨と肩甲骨のバランスが崩れてくると、どちらも動きが悪くなり、互いにぶつかったりして関節を傷つけてしまいます。また腱や筋肉なども傷つき、総じて激しい痛みが起こりがちです。

肩の関節において、その潤滑油として機能する滑液があります。この液があることで、骨や腱の間にうまく作用し、なめらかで俊敏な動きが出きるようになりますが、炎症が起こることによって、液はだんだんとネバネバとしてきて、癒着などが起こると関節の動きも悪くなります。

このような状態を可動域が制限されてしまう、とよく言われますが、五十肩では特徴的な症状、または後遺症です。また五十肩は40歳の中盤あたりから50歳代に多く発症します。20代や30代、また70歳以降もほとんど見られません。

このことの原因は明確ではなく、とても不思議な現象であると言われています。またもちろん起こらない方もいらっしゃいます。確率的には100人に5人以下ですので、決して多くはありませんが、現代のストレス過多社会では誰に起こっても不思議ではない病気です。

五十肩は放置しても時間が経てば治る病気です。半年の場合、1年など、個人差はありますが、自然に治ってしまうのです。

ただ、放置するだけでは可動域の障害は必ずといっていいほど残りますので、これについての適切な治療が必要です。つまりリハビリをすることになります。痛みを抑えながらリハビリを出来るだけ多様する必要がありますので、常に大事に至らないように慣れていくことが大切です。