ランニングで腰痛を対策する会 » 脊柱管狭窄症と症状

脊柱管狭窄症と症状

脊柱管狭窄症は、頚椎、つまり首の骨にも起こりますが、腰椎のレベルで起こるものが多く、また狭窄の部位や進行度合いによって痛みなどの出方には違いがあります。

その中でも主なものとしては、まず間欠性跛行、つまり歩いていると下肢に痛みが起こりはじめ、しびれも出てきて休みながらでしか歩くことができなくなったり、また歩いていると足が前に出なくなる、などの歩行障害があります。

その他には、前かがみになると楽になる、と感じる場合が多く、仰向けで寝たりするとどうしても脊柱管狭窄症は悪化しがちです。腰を後ろに反らせてしまうことはほとんどが無理な姿勢となります。

歩行の仕方にも具合が悪いところが多くなり、例えばスリッパが脱げ安くなったり、脚に脱力感があり、力が入らずにイライラしてしまう、腰痛が起こる、お尻や下肢がちりちりとする、足の裏に触れても感覚が鈍い、などが脊柱管狭窄症の主な症状です。

脊柱管狭窄症の他に特に危険な状態としては、肛門に痺れが起こったり、排便や排尿をコントロールできない、という状態になることがありますが、すぐにでも病院に行かなければなりません。

また脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行では、持続して歩くことができる時間は長くて10分程度の例が多く、症状が進行してきたり、休んで歩くを繰りかえしていると1分も持たなくなることがあります。

間欠性跛行では、歳のせいでしょうがないことだ、というように、周囲の方が思い込みを持たないように、常に十分な注意を向けることが大切です。

また腰が伸びている状態、腰を反る姿勢を取ると痛みが強くなりがちですので、手押し車や乳母車、カートや自転車などに乗ると痛みが和らぐ、ということも治療では大切な知識となります。前かがみは神経の圧迫を軽減させるために常に有効な手段です。

その他、脊柱管狭窄症は圧迫を受ける神経によって症状も変わってきます。神経根の場合は、腰から足へのしびれや痛み、馬尾の場合は足のしびれや麻痺、脱力漢、排泄障害など、そしてこれらの混合タイプの場合もあります。