ランニングで腰痛を対策する会 » 五十肩と接骨院

五十肩と接骨院

五十肩は加齢によって特徴的な肩の可動域制限が起こる病気です。女性も多く発症し、最初は肩凝りが悪化してきている程度、肩の違和感がある、というケースから、徐々に痛みも大きくなり、日常生活に大きく影響を与えます。

五十肩ですから、もちろん五十歳の肩に多く発症します。というより、四十肩は四十歳、同じ症状が起こった年齢によって単に名前が変わるだけ、と覚えておくのが正解です。

肩関節の周辺に起こる炎症が原因です。これを一般に肩関節周囲炎と呼びますが、病院でも原因がわからない場合はこの診断名を用います。

また加齢によって筋肉や関節包などの柔軟性が失われ、癒着が起こるのが五十肩の特徴です。まず腕を上げる動作が制限されます。高いところのものを取ることもできません。

また急性期は特に衣服を着ることも困難になりがちです。また肩が冷えれば症状も悪化しますし、夜間痛で眠れないケースも多く見られます。接骨院では電気治療を用いて炎症を沈めたり、運動療法によって可動域制限をできるだけ軽減させます。

可動域制限は五十肩が治り、痛みが全くでなくなっても長く続くことがありますので、慢性期に入ってから、あるいは急性期のできるだけ早めからリハビリを多用するようにアドバイスされます。

つまり、放置しても治る病気ですが、運動をどれくらいしてきたか、によって治りが違います。予防策としても運動が大切です。特に高いところに腕や肩を伸ばして作業をする方、デスクワークで肩凝りを慢性化させている方は要注意です。

若い頃からこのような状態にある方は少なくありません。サラリーマンの方、肉体労働の方、ほとんど全ての方が予備軍に該当すると言えます。

接骨では外傷が原因になる五十肩に保険が適応されますが、ほとんどのケース、日常生活の何気ない動作で起こる症状です。

また冷湿布や温湿布など、費用は決して安くはありません。また費用が安いのは最も効果が高いリハビリです。