[PR]

ランニングで腰痛対策をする

ランニングが空前のブームを起こしています。朝や夕方、夜と走っている人を見ない時はないほど多くのランナーをよく見かけます。ランニングは手軽に行えるスポーツです。

またメタボリックシンドロームの予防や改善、ダイエット、心肺機能の強化など得られる効果も多いので運動に走ることを取り入れている人が多いのもうなずけます。またこのランニングには腰痛を予防出来たり改善する効果もあります。

ランニングで腰痛を対策する会では何故走ると腰の痛みを緩和したりする対策になるのかというメカニズムのご説明をしています。また腰が痛くならない為の予防法などもご紹介しています。

他にも健康な体を保つための知っておくと為になる情報をお伝えしていますので。是非、ランニングで腰痛を対策する会をご活用下さい。走ることが腰痛の改善になるという理由を紹介します。

腰に痛みを抱えている人はメタボリックシンドロームや体重が平均よりも重い人が多いのです。体重が重いというのは当然、体に大きく負担がかかります。体はその重くなった体重を支えようとします。

そのことで無理がたたり腰の痛みになってしまうということが上げられます。また運動不足や加齢による筋力の低下も原因となります。体重や衝撃を吸収したりやわらげる程の筋力が備わっていない場合痛くなりやすくなるのです。

走る事は有酸素運動です。有酸素運動を全身で行っている事になります。この全身を使って行う運動を継続することで横隔膜を鍛え腰回りの筋力をアップさせる事が出来ます。

このことが結果としてランニングをしているうちに痛みが緩和されていくことになるのです。また運動を行うことで脂肪は燃焼されます。脂肪が燃焼されるということは体重が落ちて行くということです。

このことで体に負担をかけていた体重が軽くなります。ランニングを始めて筋力がつく、そして体重が軽くなる事が痛みへの改善になっているのです。腰痛があって恐る恐るランニングを始めた人で腰痛が無くなったいう人もたくさんいます。

整形外科や整体、湿布薬や鎮痛剤を使っていた人もまさかランニングが腰の痛みの緩和に役立つとは知らずに走り始めて症状が軽減されたと喜ぶ人もたくさんいます。

メカニズムを知ればランニングがなぜ腰の痛みの緩和に役立つのかよくわかりますね。私達は知らないうちに腰を痛めてしまう原因を作ってしまいます。悲しいことに加齢はどうしても止める事は出来ません。

しかし、対策として筋力をつける、体重を減らすといった事は出来ます。家の中で行うだけのトレーニングは飽きてしまったりさぼってしまう事もあります。しかしランニングは外の新鮮な空気を胸に吸い込み行う運動です。

景色の移り変わりを実感できます。また、継続してランニングを行う事により、走れる時間が長くなったり、走れる距離が伸びたりと自分の体が徐々に鍛えられていくのがわかります。

ですからランニングは大変良い運動なのです。走った距離を記録したり、減っていく体重や消費したカロリーを記録して行くことで目で見て成果を実感する事も出来ます。

ランニングをするのに最適なウェア、シューズ、最近では計測もスマートフォンや小型の腕時計タイプのものがたくさん販売されていています。それらの便利なグッズを使ってランニングを行えば体力にも自信が付き、腰痛も緩和されるのです。

このようにランニングは腰痛対策になるので、今現在腰に痛みがある方、運動をしたらもっと症状が酷くなってしまうのではないかと思っている人もランニングを始めて下さい。

無理をしないで正しいランニングを行えば悩んでいた症状も楽になります。走った距離だけ筋肉が鍛えられて、お腹もへこみ健康的な体になれることでしょう。


お薦めサイト一覧

頚椎ヘルニアでお悩みなら頚椎ヘルニアを治すことができる中川卓爾先生のサイトへ。

坐骨神経痛でお悩みなら坐骨神経痛を治す会に一度ご相談ください。

リノベーション工事をお考えなら、リノベーション費用見積もり比較ナビへ。

脊柱管狭窄症でお悩みの方はこちらのサイトがお勧めです。

すべり症でお悩みの方はこちらのサイトがとてもお薦めです。

新着情報